MENU

初めての一人暮らしにかかる最初の費用は?家賃だけじゃない!

ずっと実家で暮らしていて、貯金もすこし溜まり、そろそろ一人暮らしをはじめたい・はじめなければならないと思っている人は多いのではないでしょうか?

一人暮らしをはじめる時に、もっとも気になるのがお金のこと。

そのような悩んでいる人のために本記事では、一人暮らしにかかる最初に必要な費用を紹介していきます。

目次

賃貸契約時にかかる最初に必要な費用と知っておきたい用語

家賃5万円の賃貸契約時に必要な費用の図

一人暮らし賃貸契約時にかかる最初に必要な費用は、例えば家賃5万円の場所に住む場合は図の通り。

最初に必要な費用は敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険などおよそ家賃の5〜6ヶ月分はかかります。

契約時に支払うことになるので、その分のお金を用意しておく必要がある。

ここでは、一人暮らしの賃貸契約時にかかる最初に必要な費用の内訳と知っておきたい用語を解説していきます。

敷金

敷金の相場は家賃のおよそ1〜2ヶ月分


敷金とは、借主が家賃滞納をしたり、部屋を損傷させたりした場合、修繕に充てるために貸主が事前に預かるお金のこと。

家賃の滞納がなく、通常の使用であれば、一部戻ってくることもあります。

礼金

礼金の相場は家賃のおよそ1ヶ月分

礼金とは、部屋を貸してくれる貸主に払うお金。退去時に返却はされない。

最近は礼金なしの物件も増えています。

仲介手数料

仲介手数料は家賃の0.5〜1ヶ月分+消費税

部屋を借りるときに、物件の案内や手続きをおこなった不動産会社(仲介会社)に支払う費用のこと。

前家賃

前家賃は家賃の1ヶ月分

前家賃とは、契約の際に入居するときの月の家賃を前もって払うこと。

月の途中から入居する場合は日割り計算される。

火災保険

火災保険はおよそ1.5万円

賃貸物件では火災保険が入居条件になっている場合が多い。火災や水漏れトラブルに備えて加入する必要がある。

最初にかかる費用と別で+αがかかることも

最初にかかる費用と別で物件や借主の事情で+αかかることがあります。

2つ解説していきます。

カギ交換費用

カギ交換費用の相場は1万〜2万円

カギ交換費用とは、物件によってカギを新しくする際にかかる費用のこと。

保証会社利用料

家賃保証会社を利用する場合に払う費用。まわりに「連帯保証人」を頼める人がいない、頼みづらいという場合に利用します。

初回契約時は、家賃の0.5〜1ヶ月分、以降は年間更新料が1万円前後かかります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる